神山一郎(かみやまいちろう)
    昭和54年生まれ。栃木県栃木市出身。
    俳優・演出家・演技講師、社会福祉士。

    玉川大学文学部芸術学科芸術表現コース演劇分野卒。NYでの演技短期ワークショップの後、23歳より演技講師を始める。







    演技講師歴
    「テアトルアカデミー」「GAIA art enterteinment」「サンリバティー横浜」「ゴエンプロ」イマジンミュージカル系列「ミュージカルスクエア」等、芸能プロダクションでの演技講師、アイドルグループ「P.IDL」演技部門担当、アイドルグループ「LIAR」演技部門担当、文化庁主催の演劇ワークショップイベント講師、目黒区主催演劇ワークショップ講師、日本私立小学校教員研修会講師、日本工業大学附属 駒場中学校演劇講師、横浜市立大学、文化社会学ゲスト講師などを歴任。

    舞台演出歴
    主宰団体「演技集団オムニプレゼンス」にて、シュニッツラー「輪舞」、永井愛「ら抜きの殺意」、ギイ・フォワシィ「親父の説教」、デヴィッド・マメット「オレアナ」などの戯曲作品の演出を手掛ける。

    その他、外部劇団による舞台演出多数。

    出演歴
    「劇団ワンツーワークス」出演、「ブイラボミュージカル」出演、TBS製作バラエティ「魂のワンスプーン」レギュラー出演、映画「命の水」主演など、テレビ、映画、舞台の出演多数。

    その他
    社会福祉士の有資格者であり、全国の小中学校を巡りながら、演劇ワークショップを開催している。障がい者との舞台公演や高齢者向けワークショップの開催なども行う。

    介護予防体操「いきいきビクス」公認インストラクター。
    日本新劇俳優協会会員。
    日本こども文化学会会員。

    広域通信制高校「勇志国際高等学校」映画・演劇・声優コース講師