日下麻彩(くさか・まあや)

    東京芸術大学で声楽を学んだ後、舞台演劇の世界に本格的に足を踏み入れる。
    ミュージカルやダンス演劇、コント劇など、様々なスタイルの舞台芸術作品や、ライブ等に出演。

    主な出演作に、小池博史作品「2030世界漂流」「バガボンド・桜川」、すこやかクラブ×馬喰町バンド「ビューティフル」、中原和樹作品「ヤマガヒ〜とうとう〜」、オオタスセリ作品「普通の女」シリーズ、ミュージカル「bare」、「カゴメ劇場」など。
    近年はその、ジャンルに囚われない柔軟な発想と探究心を持ち味に、歌唱指導者としても研鑽を積んでいる。
    日本の民謡、民俗芸能を研究し、唄い歩く「常民一座ビッキンダーズ」の座員としても、緩やかに活動中。